宮津街道

この秋、街道シリーズとして、宮津街道を歩く予定です。
その宮津街道で、一番の難所が大船峠。
下福井から由良川へ抜ける峠ですが、以前の台風23号のせいで、竹などが
道に倒れており、なかなか大変なことになっています。
その分、普段は歩くことが出来ない道を体験できそうで、なんとか宮津街道を
成功させたいと思っています。

地方史研究会の次回例会は、6月18日(日)。
今度は、公民館の会議室にて、古文書の勉強会になります。
[PR]
# by m-tihoushi | 2006-06-14 00:11

第三火薬廠跡地見学会の写真7

見学会の最後に、皆さんで感想などを述べ合う時間を設けました。
b0103701_23315213.jpg
b0103701_2332634.jpg

b0103701_23322250.jpg

広い範囲の見学でしたが、皆様のおかげで、充実した見学会を行うことができました。
[PR]
# by m-tihoushi | 2006-05-22 23:33

第三火薬廠跡地見学会の写真6

隋道式の倉庫は、駐車場のために盛り土をされたために、入り口は、かなり地下になっています。
b0103701_23284815.jpg
b0103701_2329898.jpg

b0103701_23293388.jpg

[PR]
# by m-tihoushi | 2006-05-22 23:29

第三火薬廠跡地見学会の写真5

場所を移って、現在舞鶴高専の駐車場の横にある、隋道式の倉庫の見学をしました。
b0103701_23253481.jpg
b0103701_23255269.jpg

倉庫の前で解説を聞きました。
b0103701_23262639.jpg

b0103701_23264877.jpg

[PR]
# by m-tihoushi | 2006-05-22 23:27

第三火薬廠跡地見学会の写真4

真っ暗な内部を見学しました。
b0103701_232141100.jpg
b0103701_23215521.jpg

本当に広い建物でした。
b0103701_2322244.jpg
あたりはすっかり草木に覆われています。
b0103701_23225782.jpg

[PR]
# by m-tihoushi | 2006-05-22 23:23

第三火薬廠跡地見学会の写真3

建物の中には、直径一メートルの、大きなダクトがのこされていました。
b0103701_23183970.jpg
b0103701_23192189.jpg

スピーカーを持ってきてもらったので、それで関本氏の解説をみんなで聞くことができました。
b0103701_23202138.jpg
建物内部でも解説がありました。
[PR]
# by m-tihoushi | 2006-05-22 23:20

第三火薬廠跡地見学会の写真2

車で一番奥まで行ってみました。
そこには、乾燥庫として使われていた、レンガ造りの建物が残っていました。
レンガの建物が多く残されている舞鶴ですが、昭和の、戦時中に急いで作られた、この建物は
よく見ると、急いで作られたのが判ります。
ちなみに、レンガの積み方は、イギリス積みだそうです。
b0103701_23164368.jpg

[PR]
# by m-tihoushi | 2006-05-22 23:16

第三火薬廠跡地見学会の写真1

5月21日の第三火薬廠跡地見学会の写真です。
b0103701_23111364.jpg
b0103701_23113414.jpg

b0103701_23114972.jpg
草木が生い茂っている中に、60年間、建物が残っていました。
内部にも入ってみました。
[PR]
# by m-tihoushi | 2006-05-22 23:12

第三火薬廠跡地見学会

5月21日(土)に、舞鶴地方史研究会の5月例会をかねて、「第三火薬廠跡地見学会」を行いました。
関本長三郎氏に、案内と解説をお願いしました。

当日は好天にもめぐまれ、大変多くの方にご参加いただきました。
広い範囲ですので、車に分乗して、舞鶴高専の周囲を見て回りました。
戦後60年も経っているのにもかかわらず、いまだに残っている建物群に遭遇し、驚嘆いたしました。
b0103701_0144510.jpg
[PR]
# by m-tihoushi | 2006-05-22 00:20

引っ越してきました

舞鶴地方史研究会の、ホームページがなくなり、掲示板だけになっていました。
しかし、その掲示板にも最近しばしば、イタズラの迷惑な書き込みが続くようになり、その対処として、舞鶴地方史研究会からのお知らせを、掲示板からブログに変更することにいたしました。

掲示板では、不特定多数の方より投稿を受け付けておりましたが、ブログでは、個人的な物になりますので、閲覧者の方からの投稿はできません。
しかし、記事の下に「コメント」として、皆様のご感想などを書き込むことができます。

まずは、実験的に始めてみることに致します。
b0103701_010094.jpg

今後とも宜しくお願い致します。
[PR]
# by m-tihoushi | 2006-05-22 00:10